肩こり頭痛解消法

伊丹市のかふう鍼灸整骨院
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったらコメントくださいね。
それでは、どうぞご覧下さい。

肩こりの症状で悩みを抱えている人に中には、頭痛の症状を同時に併発していることがあります。

その原因になっている事に、眼精疲労が大きく関わっている可能性があります。

眼精疲労は、首や肩、背中や腰の筋肉に大きな影響を与えてしまいますので、体全体の疲れを引き起こします。

それぞれの筋肉が緊張した状態になりますので、頭痛を引き起こし慢性的な肩コリなどの症状へと発展すると言われています。

長く続く肩こりや頭痛の症状を改善するためにも、目の疲れを取り除く必要があります。

メガネやコンタクトレンズを使用している方で、過度の矯正をしている場合には、目を酷使してしまうと、すぐに頭痛となってしまうことがあります。

その他にもパソコンの操作や運転、事務作業などを長く続けていると、目や肩の筋肉が疲労を引き起こしてしまいます。

筋肉の疲労は、血液の流れを悪くし、脳へ十分な酸素を届ける事ができなくなります。

新鮮な酸素が不足すると、頭痛やめまいの原因となるのです。

肩こり頭痛を改善する方法としては、酷使した目を十分に休め、たっぷりの栄養を摂取し、心身の疲れを取り除くことが先決です。

仕事で長時間にわたり、目を使った場合には、定期的に休みを取るように心がけましょう。

蒸しタオルを目にあてるだけでも血行を良くし、疲労を取り除く事ができます。

特にパソコン作業をしている方には、1時間位1回の休息を取ることが必要です。

新鮮な空気を吸い込み、遠くの景色を眺めるだけでも目の疲れを取ることはできます。

軽く全身の筋肉を伸ばすように、ストレッチを取り入れるのもオススメです。

全身の血行が良くなると、疲労物質の乳酸を排出しやすくなりますので、肩こりや眼精疲労を予防できると言われています。

さらに画面の位置を調整したり、室内の明るさやがモニターのコントラストを工夫することでもかなり目の疲れを改善できるでしょう。

さらに目を乾燥させることは、目の疲れを急速に進めてしまいますので、部屋の乾燥には十分に注意をしてください。

食生活では、目に良いと言われているカシスやブルベリーなどを積極的に取り入れる事もオススメです。