食事と頭痛の深い関係

伊丹市のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったらコメントくださいね。
それでは、どうぞご覧下さい。

頭痛持ちの方は、姿勢や仕事のスタイルが大きな影響を与えてると言われています。

それ以外にも食生活によっても頭痛を引き起こしてしまうというデータが出ています。

厚生労働省が実施しているデータによると若い世代に方は、毎日1回は、外食を利用しているという結果が出ています。

つまり外食が多い人の場合、緑黄色野菜の摂取が不足になっています。

特に女性の場合、野菜や大豆、魚などの摂取量が激減するとビタミやミネラル、マグネシムなどが足りなくなりますので、美肌効果を得る事が難しく、老化や肌荒れを急速にしてしまう危険性もあります。

外食をする場合にも、和食中心のバランスのとれた食事を摂取すると、それほど問題にはなりませんが、若い世代が好むメニューといえば、ファストフードなどの洋食が中心となるようです。

ただ友人や職場の同僚とのランチは、ストレスを解消し、食生活を楽しくする事にもつながりますので、一概に悪いとは言えません。

あれこれ禁止してしまうと、逆にストレスを抱えてしまうケースもありますのでバランスよく摂取できるように心がけましょう。

特に日頃から頭痛の症状で悩まされている人の場合には、どのような食事が頭痛の引き金になっているのかを事前に理解しておくことで頭痛の発症を避ける事もできます。

例えば、アルコールは片頭痛持ちの方には、NGとされています。

筋肉のハリや血行の不良が原因の緊張性頭痛の場合には、特に症状を強める事もないと言われていますので、適度な摂取は問題ないでしょう。

アルコール、特に赤ワインには、チラミンという成分が含まれており、血行を良くする作用があると言います。

ただ飲み過ぎは、どのような頭痛であっても症状が悪くなる一方ですから注意が必要です。

カフェインは、片頭痛持ちの方であれば飲んでも問題はありません。

ただし大量摂取は、どのような頭痛の場合も禁止されています。