深い眠りで肩こり改善法

伊丹市の肩こり・腰痛・交通事故治療のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

仕事から帰ると全身の疲れや肩こり、腰痛に目の疲れを訴えるお父さんがすごく多いです。

熱いお風呂に入ってもなかなかその疲れが取れずに、質の良い眠りがとれず、朝起きた瞬間から体のだるさや肩こり、腰痛を感じる方もいるようです。

すっきりとした気分で1日を頑張りたいと気持ちでは思っていても、体が思うように動かず余計にストレスを抱える状況もあるようです。

疲労を回復できないでいるとストレスや慢性的な病気の原因になりますので、1日の疲れはその日のうちに改善しなければいけません。

疲労や肩こり、腰痛を改善するためには、十分な睡眠が最も効果が得られます。

短時間の睡眠であっても深く質の良い眠りをとることができれば、1日の疲労を解消できるのです。

ではどのように質の良い眠りを体験できるのかというと、まず基本的なことに体にあった寝具を選ぶということです。

長く使ってる敷き布団や枕の場合、クッション性が悪く、体にフィットしていない場合もあります。

そのため腰や首の部分がリラックスできずに、深く眠ることはできないでしょう。

旦那が出世するためには寝具にちょっとだけ費用をかけてみるのもオススメですよね。

その他にも就寝前に腹式呼吸で瞑想を行いましょう。

頭の中をすっきりとできる腹式呼吸方法は、ストレスを解消する効果があります。

横になり、肩の力を抜いてリラックスします。

手をおなかに当てて、目を閉じたら、鼻からゆっくりと息を吸い込みましょう。

頭から爪先まで新鮮な空気を行き渡らせるようなイメージで息を吸い込んだら、今度は、口をすぼ、倍以上の時間をかけてゆっくりと吐き出します。

体にめぐった空気を全部はききるようなイメージで行ってください。

1分間静かに行うと心身ともにリラックスできます。

この呼吸方法を行うと、そのまま眠ってしまう方もいるようですから、1日の終りに行うようにしてください。