腰痛ストレッチ予防方法

伊丹市のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

背中の痛みを感じた場合には、整体や鍼灸院、足つぼやカイロプラクティックスのプロの施術を受けることで痛みや違和感、筋肉のこりをほぐせます。

プロの施術を受けた後の体をより長くキープするためにも自宅で手軽にできる方法で、予防を行うようにしましょう。

施術を受ける前となんら変わりのない生活を続けているとまた痛みや違和感を発症シてしまいます。

長時間の作業により背中のいたみや硬さを感じる場合や、冷え性や腰の部分の痛みや倦怠感を感じている方にもお勧めです。

まずベットなど台になる部分が柔らかい場所で行うと効果を実感できませんので、床や畳、フローリングなどを利用するといいでしょう。

仰向けの姿勢を取ると、両脚を腰の部分より若干高い位置に上げます。

左右の手は腰の部分から30センチ離れた場所に添えてください。

両足をグーッと左方向へ倒していきます。

その時肩甲骨が床から離れないように意識してください。

そのままの姿勢を15秒キープします。

この時腰と背中の筋肉が伸びますので、痛気持ちいい感じがあります。

左右交互に5セットずつおこないましょう。

次に膝を軽く立てたら、おしりをぐっと上に持ち上げるようにします。

肛門をキュッと閉めるようなイメージで3秒キープ1秒もどすを10回、2セット行なってください。

この運動は、背中の筋肉や腰の筋肉を強化するだけでなく、くびれのあるウエストラインやヒップアップを目指す事もできますので、腰回りの脂肪や垂れたおしりが気になっている方にもお勧めです。