便秘改善方法

伊丹市のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

女性の悩みの一つでもある便秘の症状ですが、1週間1度もトイレに行くことがないという状態の方もかなり多くいるようです。

便秘になると体内に老廃物をため込んでいる状態が長く続きますので、冷え性など血行不良を引き起こしてしまいます。

そのためのぼせや頭痛、腰痛や肩こりといった症状までも感じるようになります。

また肌荒れや肥満といった美容にも悪影響を引き起こしますので、できるだけ早い段階で改善しなければいけません。

薬による服用で改善をしているという方もいますが、下剤を長期間使用することで腸の活動が弱くなり、自然排便ができなくなります。

それどころか常にトイレが近くにないと不安で外出もできないとった方もいるようですからできるだけ自然な形での排便ができるように工夫をしてみましょう。

朝自然なお通じを実感できる方法としては、1日に3回行う腹式呼吸法があります。

鼻から5秒かけて息を吸い込みます。

次に口から倍の10秒かけて息を少しずつ吐き出します。

その場合おなかに手を当て、腹膜がちゃんと動いているかを確認しながら行うと良いでしょう。

この動きを1回10セットの1日3回行なってください。

腹式呼吸は、インナーマッスルを鍛える事もできますので、腰痛改善にも効果が期待できます。

毎日健康の為にウォーキングをしているという方も、腹式呼吸をしながら歩くだけで背中の筋肉や腰回りの筋肉を強化できますので、腰痛や肩こり改善効果もあります。

快適ですっきりとした朝を迎える為にも早速実践することをお勧めします。

【地名】の【院名やあなたの職種】から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

一般的に言われている腰痛の症状とは、腰の動きをサポートしている腰椎の回りにある筋肉がこりかたまっている状態をいいます。

筋肉が硬直した状態を長く続けてしますと、血液の流れが悪くなり、新鮮な酸素や十分な栄養分を運べないどころか、疲労物質を体内に蓄積させてしまいます。

排出できない疲労物質の乳酸は、さらに血行不良や筋肉の炎症を引き起こしますので、つらい腰痛の症状を悪化させてしまいます。

腰痛を改善するためには、筋肉の硬直をほぐし、血行促進を促すことで乳酸を排出することが基本的な改善方法となります。

根本的な解決方法とまではいきませんが、痛みやダルさ、動きづらさといった症状を改善きでる方法があります。

痛みを伴っている患部を温める事です。

レンジやお湯で温めたタオルを患部に直接あてることで、筋肉の炎症やコリをほぐせます。

市販の温湿布を利用するとより手軽に患部を温めることができるでしょう。

自宅にいる場合は、シャワーのお湯を患部に直接当てて温める方法もあります。

20秒温めたら、今度は若干お湯の温度を下げて5秒程度当てます。

これを5回ほど繰り返すと血行が良くなりますので、痛みや違和感を改善できます。

ドライヤーの熱を活用する事もオススメですよね。

職場で腰の痛みを感じた場合には、使い捨てカイロを利用するといいでしょう。

腰に貼り付けるタイプの物がありますので、痛みを伴っている部分に貼りつけておきましょう。

ただし低体温やけどの危険性もありますので、必ず服1枚挟んではりつけるように注意をしてください。

長時間の会議など腰の痛みを抱えていると、話に集中できないこともありますので、カイロで乗り切るといいでしょう。