肩こり予防効果のある食材

伊丹市のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

整体やカイロプラクティックス、接骨院やマッサージなどプロの整体師やマッサージ師に施術をおこなってもらうことで、つらいコリの症状や頭痛といった症状を取り除くことはできます。

しかしプロの施術によりリセットできたとしても、生活のスタイルや食生活をこれまでと同じようにしてはまた元の痛みを発症させてしまいます。

適度な運動や正しい姿勢を保つように心がけるだけで肩こりや腰痛を予防できます。

それ以外にも食生活にも注意が必要です。

食材には、人間のからだを健康に保つために必要な成分が豊富に含まれていますので、バランスよく摂取することで血行をよくし、筋肉のこりが予防できます。

特にビタミンB群には、筋肉の疲労回復効果や血行促進効果がありますので、腰痛や肩こりのつらい症状で悩んでいる方には積極的に摂取してほしい栄養素なのです。

ビタミン類を効率良く吸収するためには、玉ねぎやにんにく、ニラといった食材を同時に摂取することがオススメです。

ビタミンB1は、摂取した糖をスムーズにエネルギーに変換し、疲労物質を蓄積するのを防ぐ効果があります。

接待や交際などでアルコールの摂取回数が多い方の場合、ビタミン類が不足になりますので、積極的に取り入れるようにしてください。

豚肉や大豆、胚芽(はいが)や卵黄などもにはビタミンが多く含まれています。

これらのビタミン類と一緒に摂取することでより吸収力が高くなるのがビタミンEです。

ビタミンEには、血管拡張作用があり、血流がよくなります。

疲労物質を排出し、栄養分をしっかりと運んでくれますので、筋肉を元気にし疲労回復効果が期待できます。

うなぎやピーナッツ、かぼちゃなどがビタミンEとなりますので、ビールのおつまみに取り入れるといいでしょう。

ただしビタミンには、過剰摂取をすることで体内に蓄積するタイプがありますので、バランスの良い食事を心がけてください。