肩こりと枕の関係

伊丹市のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

肩こりの解消を考える上で、忘れがちな事に睡眠があります。

辛いコリの症状を改善するために、ストレッチやマッサージを取り入れることはもうご存知と思います。

それでも痛みや不快感がなかなか取れないという方は、睡眠の際の姿勢に問題があるかも知れません。

人間は重い頭を細い首で支える必要があり、首には常に負担がかけれている状態になります。

つまり首はいつも緊張状態になっていますので、1日の疲れや緊張を睡眠の時に解きほぐしてあげる必要があるのです。

首の負荷が解消されるのは、横になっている状態、いわゆる睡眠中となります。

しかし枕や寝具の状態がからだや首にフィットしていない場合には、寝ている間も首に何かしらの負担をかけてしまい、いつまでたっても疲れを取り除くことができないのです。

そのため肩こりの症状を悪化させ、それが原因となって頭痛や慢性的なけんたい感といった体調不良を招いていしまうのです。

首を休ませ良い眠りを行うためには、からだやくびに合った枕や寝具を準備することから始めましょう。

首というのはわずかですがカーブした状態になっています。

このカーブの部分にぴったりとあった枕を使用するだけで劇的な効果を得ることができます。

枕を高くしたり逆に低くするタイプの方もいますが、首を休ませることに意識すると自然とフィットした枕を探すことができるでしょう。

頭と首、背中の部分が真っ直ぐになるように枕をセットすることが理想ですが、枕以外にもバスタオルを利用して首を休ませる事もできます。

横になった時にできる首の隙間を埋めるようにまるめたタオルで支えてみましょう。

慣れるまでは違和感を感じる事もありますが、翌朝の目覚めがいつもとは違って爽快感を得ることができます。

布団に関しては、一般的には低反発で柔らかい布団(マットレス)で熟睡できるとなっていますが、 肩こりの方は、多少固めの布団を試された方がいいと思います。

私は、ベッドや厚めの布団では朝起きたときから肩が凝っています。

腰も痛いときがありますので、背中と 腰が沈みすぎであるようです。

これは、腰痛持ちの方では常識で、床に布団が最も良いとされています。

私も絨毯の上にタオルケット一枚 で寝ると熟睡できたりします。

多少かかとなどが痛いですが、すくなくとも背中、腰は硬い方が良いと感じます。

敷き布団が柔らかいのでは?と感じた方は、背中から腰の部分にバスタオルやタオルケットで固めにして 試してみてください。

改善される場合は「敷き布団がやわらかいので肩こりする」ことになります。

多くの意見では、体重が重い方は、低反発などで沈み込むマットが快適だと感じます。

体重が軽めの方は柔らかいと 寝起き時に気分が悪い(肩がこる。腰が痛い)という方が多いような感じがします。

こちらも枕と同様に使ってみないと分かりません。

特に高級寝具などは、好みの問題で返品可能か、また 家族、友人などが使用している場合、数日使わせてもらえないかなど 試せる機会を探してみましょう。