1日2分のヘルニア予防

こんにちわ、

伊丹市のかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

椎間板ヘルニアには、何か重たい荷物を持ち上げた際に発症する急性の場合と、症状が徐々にひどくなる慢性の場合があります。

その症状を抱えている人は、左右どちらか一方のお尻から太ももの裏、さらには、ふくらはぎの裏から外側にかけての脚全体に及ぶ場所で、しびれや痛みを伴うような激しい腰痛が見られます。

このような痛みは坐骨神経痛とも呼ばれる症状で、その他にも体半分の腰に痛みやしびれ、膝下から足親指にかけてのしびれや痛みを感じると言われています。

椎間板ヘルニアの症状がひどくなると、痛みを伴っている一方の足の筋肉の低下が見られますので、つま先で歩行するのが難しくなります。

椎間板ヘルニアには、何か重たい荷物を持ち上げた際に発症する急性の場合と、症状が徐々にひどくなる慢性の場合があります。

その要因となっているのが、腹圧が弱くなると、体を支える事ができなくなり、必要異常に腰への負担がかかりるようになります。

椎間板へ強い負荷がかかると、椎間板が変形してしまいますので、早めの改善が必要となります。

日頃の何気ない動作は、腹圧の低下を引き起こしますので、確実にヘルニアを発症するでしょう。

程度の差はありますがあ、ヘルニアになるとホルモバランスが乱れてしまうので、生理不順や生理痛といった女性特有の症状を悪化さます。

骨盤を支える大切な役割を担っている腹圧を鍛える事で、骨盤矯正を行う事ができますので、早速実践してみましょう。

腹圧を鍛えるための1日分の体操は、パンスト呼吸です。

腹圧が弱いという方は、腹筋力が弱いということですからおなかに力を入れることができない人が大変多くなっています。

パンストを使った呼吸方法とは、おなかへ力合を入れる事ができ、その状態を覚える事が出来ます。

パンストを着用した状態で、息を大きくゆっくりと鼻から吸い込んでください。

そのままゆっくりと口から息をはききりましょう。

この動作を左右10回の3セットを実践してください。

腹式呼吸をする度に、おなか日からが入っているという事を意識することができますので、上手に筋力をアップできると考えられます。

毎日たったの2分だけで実践できますが、この体操は女性に限定させて頂きますね。