お尻のストレッチは腰に有効!?|伊丹市の肩こり 腰痛 骨盤矯正ならHana整体へ

お尻ストレッチは普段伸ばすことの少ないストレッチです。

Hana整体では、腰痛や坐骨神経痛の方に施術で使っています。

坐骨神経に関係している梨状筋のストレッチになるので坐骨神経痛でお悩みの方はこのストレッチを家でしましょう。

腰痛や坐骨神経痛のお尻ストレッチ

座った状態で左足をひざにのせ、上体を前にとしてキープします。

体育座りのような状態から左足を右ひざにのせ、両手を後ろにつきます。

上体をキープしましょう。

反対も同じようにしましょう。

15から30秒キープし2セットが目安です。

殿筋群のストレッチ

片方の足が上になって組むあぐらではなく、両足とも床についた状態にしましょう。

そのまま上体を前に倒して15秒から30秒キープしましょう。

最初は背中が曲がっていてもいいですが、徐々に上体をまっすぐ行えるようにしていきます。

腰痛や坐骨神経の人におすすめ

腰痛の方は腰が痛いから腰のストレッチをよくします。

腰だけをストレッチしても意味がありません。

お尻の筋肉が硬くなって腰痛の原因になる場合もあるのでお尻のストレッチをしてみてください。

さらに坐骨神経痛の人は家でお尻のストレッチは重要です。

坐骨神経痛で来院されている方は、必ずこのストレッチの指導をしています。