骨盤の前傾と後傾の見分け方|伊丹市の肩こり 腰痛 骨盤矯正ならHana整体へ

骨盤前傾後傾かしているのがわからないことが多くないでしょうか?

患者さんにも私はどちらですかと聞かれることがあります。

ここでは、前傾後傾について詳しく説明いたします。

骨盤・前傾タイプ

女性に多いタイプで腹筋の衰えも関係します。

骨盤が前に傾く前傾タイプは女性に多く見られます。特にハイヒールなどで姿勢が長時間前傾し、その形に固まりがちです。

また、背骨と骨盤をつなぐ脊柱起立筋、腸腰筋、ももの前の大腿直筋が硬くなることで収縮し、骨盤が前に傾いてしまいます。

骨盤・後傾タイプ

男性に多いタイプでお腹が出ていることが多いです。

骨盤が後ろに傾くタイプの男性に多く見られます。

これは長時間のデスクワークで後傾する猫背の姿勢が続いていたり、腹筋、お尻の大殿筋、太ももの裏のハムストリングスといった大きな筋肉が硬くなります。

硬くなることで、骨盤を後ろに引っ張って後傾させる原因の一つです。

自分で正常にさせるには

ストレッチをすることで骨盤周りの筋肉バランスを整えます。

前傾、後傾の原因となっていた筋肉の緊張、硬さがなくなり、しなやかに伸びやすくなることで、骨盤は自然に戻ってくれます。

腰痛はそのほとんどが腰周辺に原因があっていたくなるのですから、腰回りを整えるのが一番の近道になります。

骨盤を整えること身体が楽になる?

骨盤矯正が整体院や整骨院の施術で行われています。

骨盤を整えると体が楽になる人もおれば変わらない人もいます。

骨盤は土台といわれています。しかし本当の土台は私の考えでは足が土台です。

足のゆがみを調整してから骨盤を整えるのが私自身1番いい方法です。