ストレッチの種類と効果とは!|伊丹市の肩こり 腰痛 骨盤矯正ならHana整体へ

ストレッチには2種類のストレッチがあります。ストレッチによって効果も違います。

ほとんどの方が知らないと思います。ここでは2つのストレッチのことについて書いていきます。

2つのストレッチ

静的ストレッチ

「スタティックスストレッチ」とも呼ばれ、反動や弾みをつけたりせず、筋肉や県をゆっくり伸ばし、静止するストレッチのことを言います。

一般的に言われるストレッチは、このストレッチのことを指すことが多いです。

動的ストレッチ

静的ストレッチとは逆に、反動をつけたり、動きをつけたりして行うストレッチです。

「バリスティックストレッチ」や「ダイナミックストレッチ」などがあります。

運動前のウォーミングアップに適しています。

家でおこなうストレッチはどちらがいいの?

家で行うストレッチは、静的ストレッチです。

静的ストレッチの効果

  • 安全性が高い
  • リラックス効果がある
  • 筋肉が伸びやすい

静的ストレッチはとても安全性が高いです。反動や勢いをつけて行わず、息を吐きながらゆっくり静かに筋肉を伸ばすため、安全性が高いストレッチです。

特に高齢者が行う場合はこのストレッチが最適です。

筋肉に心地の良い刺激を与える静的ストレッチは、自律神経の副交感神経を優位にさせ、ゆっくりと深く呼吸をすることで副交感神経が優位になり、体はリラックス状態になります。

ストレッチをしていて反動をつけるのは静的ストレッチではありません。

反動をつけて行うと筋肉は急激に伸ばされ、反射的にそれ以上伸びないようにブレーキが働きます。

息をはきながら行うことで筋肉も伸びやすくなります。