冬はぎっくり腰に注意です。

こんにちは。伊丹市のHana整体の院長乾です。

最近はとても寒くなりました。ぎっくり腰や背中を痛める人がとても多くなる時期です。

寒くなることで筋肉が硬くなります。

急に動いてしまうことでギクッと腰を痛めたりしてしまいます。

そんな時はあなたならどうしますか?

  1. 安静にする
  2. お風呂に入る
  3. 病院に行く

考えてください。

ぎっくり腰の基本は、安静です。

安静+冷やすことがとても重要です。

お風呂に入ることは私はおすすめしていません。

ぎっくり腰の別名は、急性腰椎捻挫といいます。

捻挫をすると炎症がおこるのでお風呂に入ることで炎症を増強してしまいます。

もしお風呂に入りたいならシャワー程度にしておいてください。

病院は行ったほうがいいのでしょうか?

ぎっくり腰で歩けなかったら安静+冷やすことで歩けるようになったら病院にいったほうがいいです。

症状によっては、ぎっくり腰ではない場合もあるので一度ぎっくり腰になったら病院にいってください。

病院は整形外科です。

私の考え

ぎっくり腰にならないようにすることがまず重要です。

筋肉が硬くなるなら温めたりマッサージすることで筋肉を緩めます。

そのことでぎっくり腰の予防につながります。

私自身も最近軽いぎっくり腰になりました。

疲労が溜まって急に腰を伸ばしたときにギックとなり腰を動かすと痛みがありました。

そのため最近では筋肉を緩めるために、ストレッチもしています。

もしあなたがぎっくり腰にならないようにするためにHana整体で一度筋肉の疲労をとりませんか?

当院は国家資格者なので安心してください。

伊丹で夜10時まで営業しているので帰りに寄ってみてはいかがでしょうか?