肩こり予防法について

伊丹市でかふう鍼灸整骨院から
無料で健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら
コメントくださいね。

それでは、どうぞご覧下さい。

整骨院やマッサージに通われている人の多くは、酷い肩こりに悩まされているといいます。

しかしプロの力で折角、辛い肩こりの症状を改善してもらうことができたとしても、日々の生活習慣や生活態度を改めなければ、再び肩こりや腰痛を発症しますので、完全に治す事はできません。

肩こりが酷くなると、頭痛の原因にもなりますので、痛みを感じた場合は、できるだけ早く整体院等で、痛みをとってもらう施術を受けるといいでしょう。

整体を行ってもらったら、再び酷い肩こりが発症しないように、日々の生活の中で予防できることは意識して行うようにしましょう。

肩こりに悩まされている人の姿勢を見ると、背骨が曲がっている、いわゆる猫背になっている人や、デスクに向かって作業をしている際、首が肩より前につき出ている人、胸を張り過ぎている人など、首や肩に余計な負担をかけている人がほとんどです。

肩こりを予防する正しい姿勢というのは、腹筋とおしりに若干力を入れる感じで、背筋をシャッキっと伸ばし、顎を引いて、しっかりと前をまっすぐむいて立つという基本的な事なのです。

なれない姿勢のため、初めのうちは腰や首、肩に痛みを感じる場合もありますが、本来の正しい位置に首や腰、肩が並びますので、その姿勢を維持することができると、肩や首に全く痛みを感じ無くなります。

自分の姿勢が正しいのかどうかを判断するために、壁を使って立ってみるといいでしょう。

背中を壁につけてまっすぐに立った時、良い姿勢を保てている人の場合は、後頭部とお尻の部分が壁に軽く触れる感じで立つことができるはずです。

綺麗な姿勢を保つ事ができるコツは、頭頂部を何かで引っ張られているようなイメージで立つように心がけましょう。

そのままの姿勢をキープしたまま、腹筋とおしりに軽く力を入れながら、リズムよく歩くと肩や腰がすごく楽になると思います。

また女性の場合は、毎日同じ肩にバックをかけるのではなく、左右交互にかけてバランスを保つようにしましょう。

毎日同じ箇所にバックをかけている人は、左右どちらかの鎖骨が太くなっている事もありますので、女性の美しい象徴とも言えるデコルテのラインが綺麗に見えない場合もあります。

さらに仕事で長時間パソコン作業を行なっているという人も、背中が曲がらないようにできるだけ背筋を伸ばし、顎を引いて、腹筋に力を入れる感じて作業を続けるようにしてみましょう。

一見疲れるような印象ですが、不思議と肩や腰、目や首に疲れがでないのが、このようにまっすぐに伸ばした姿勢の状態の時なのです。

肩こり解消の姿勢は、肩や首、腰の痛みを改善できるばかりではなく、骨盤の歪みも矯正してくれますので、代謝機能が高まり、自然と痩せやすい体質を作る事も期待できると言われています。