伊丹でむちうち治療をするならかふう整体院へ

・むちうちの症状

外傷性頸部症候群、頸椎捻挫などが正式名称になりますが、一般にはむちうち症やむちうち損傷と言われています。
交通事故などでこの症状が出ることもあります。
私たちの体の上に乗っている頭部に強い衝撃がかかることで、鞭を振り回すようなS字形状の動きを強いられます。
その結果として様々な痛みが出てきます。

・意外な要因で発症することも

むちうちのおよそ85%は自動車事故によって引き起こされており、後方から衝突されることが大きな要因です。
また男性と比べて女性は首も細く、さらに筋肉量も少ないのでむち打ち症になりやすいと言われています。
交通事故以外でも柔道やラグビーといった激しいスポーツ、また尻もちなど普段の生活で起こることもあります。

・痛いイメージ
むち打ち症という言葉を聞くと、鞭で強くたたかれたような痛みを想像してしまいます。
さらに大きなケガによって、長期間痛みが出てくるようなイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。
経験のない人はつい大きなケガを連想してしまいがちです。

・むちうちの痛みとは
鞭を振った時のようなS字型の動きが生じることで、体に様々な痛みが発生します。
体の最上部にある頭はとても重く、体重の10分の1程度の重量だとも言われています。
例えば体重が60Kgであれば、頭の重量はだいたい6Kg程度になります。
頭部が胴体とは逆の方向に動き、ひねられることで痛みが出てきます。

・リハビリ治療

交通事故などでケガをした時は、整形外科などで治療を行います。
整形外科やリハビリ施設などでリハビリを行いますが、これが理学療法になります。
マッサージや電気療法などが主な治療です。整骨院でも施術ができます。

・完治の目安について
比較的軽症のむち打ちであれば、これらの治療で完治します。
だいたい3ヶ月以内が目安になっています。
しかし重症の場合は効果が出ないこともあり、その場合は他の療法を検討することになります。

・早めの診療をお勧めします
むちうちというのは首や肩、また背中などに痛みが生じそれが継続する病気です。
人によってその症状も変わってきますが、危険予知など普段の心がけで防ぐことも可能です。
症状が出た場合、早目に診療することをお勧めします。